2013年06月01日

スーパードクターK 真船一雄 第1巻 カルテ2◆闇の中の手術@

母親と小学生の男の子の何気ない会話から始まります。

エレベーターから降りて数分後にビルにヒビが入り始めます。
地鳴りのような音がして崩れ始めるビルで・・・

一升瓶の酒をくらってるおっさんと供に瓦礫の直撃を受ける母親。

奇跡的にも子供の方は無傷で助かりますが、おっさんは、瓦礫の直撃を受けて即死してしまいます。

そこに偶然居合わせたKが子供の声を聞いて助けに入ります。

「よく見ておけ これが死というものだ ほんの数分前まで生きていた人間も・・・・ 死んでしまえばその通りだ」

と言いながら瓦礫をどけていきます。

母親は初見の診たてでは頭と背中を強く打ち、瓦礫がわき腹に刺さってる重傷です。
しかも破片が体内に残っているので急いで摘出する必要もありそうです。

それはさておき、Kは瓦礫の崩れ方を見て手抜き工事と見抜きます。
流石は帝都大学首席卒業の天才、建築学にも精通しています。

母親の状態を見て泣きじゃくる子供に冷静に症状を説明し始めるK。

「人間の腸の組織は非常に弱い このままでは腸が壊死してしまう」
「それにまだ体内にあるガレキの破片が動脈にでも突き刺さってしまえば・・・・」
「大出血をひきおこす」

それを聞いて引きつる子供・・・
子供が冷静に聞いていられる内容ではありませんね。

そしてガレキに閉じ込められたままで手術をする事を決断します。

アームカバーに仕込んであるメスを取り出すK。
この時点で普通ではありませんが、スルーしてOKです。

子供が冷静にこんな所で手術をするのを心配し始めますが、そんな事を気にするKではありません。

何か使えるものは無いかと母親のバックを漁って裁縫セットを発見。
「ウム・・・・これは使える」と子供のたわごとなどどうでも良い雰囲気です。

子供に死を理解させるために、ガレキに潰されて即死したおっさんを教材にして、

「そこの男をよく見ろ それが死だ!!
「その男はもう人間じゃない ただの肉の塊だ」
「おまえの母親も放っておけばそうなるんだぞ」

と諭します。

おっさんの一升瓶に入っていた酒をメスと手に吹きかけて消毒。

針をピンセット代わりにして器用に細かな破片を取り出していきます。
16個のガレキをいりくんでる腸から取り出す作業は手術室で無影灯の光があっても手間の掛かる作業ですが、ガレキに囲まれた薄暗がりでの作業は更に困難を極めます。
術野を確保する為に必要な血液を吸い取る吸引器やガーゼもありません。

順調にガレキを取り出して残るは一つ・・・
透明なガラスの破片を取り出しに掛かります。

ガレキの影響で血行が悪くなり腸が壊死し始めて急ぐ必要がありますが、最後の破片は腸の奥深くまで突き刺さっていて一番厄介な破片です。

その時・・・

かろうじてバランスを保っていたガレキの天上が崩れK達が居た空間を押しつぶそうとします。

とっさに子供を突き飛ばして回避させますが、Kは巨大なガレキ(岩盤と言っても良いようなおそらく数トンはある)を背中に受けてかろうじて支えますが・・・

母親はその時の震動のショックでガラスの破片が動脈を突き破って大出血を始めます・・・

「このままでは出血多量でショック死だ・・・・」

で次回に続きます。

このエピソードでKがいつもメスを持ち歩いている事が明らかになりますが、野獣の肉体と野獣の筋力が初披露される記念すべき回です。

Kのマントの中にはその他のアイテムも常備されていますが、それは後のお楽しみです。

他の被害者がいるのかも気になるところですが、そんな事を気にしていてはこのマンガは楽しめませんので考えたら負けです。

とりあえず、ガレキに潰されそうになりながらの決死の手術シーンを素直に楽しみましょう。

posted by しりうすぅ at 15:37| Comment(0) | スーパードクターK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。