2013年05月31日

スーパードクターK 真船一雄 第1巻 カルテ1◆炎の中の救出劇

新たなる神話の誕生、その名はK!!で始まる医療漫画の第1巻。
医療漫画にあるまじきハードボイルド医学伝説と謳った異色のマンガです。

かつてこの日本に――
不世出の天才と呼ばれた青年医師がいた――

出身地・生年月日等一切不明
日本の最高権威 帝都大医学部主席卒業
若くして国際レベルの活躍
執刀技術特Aランク

この導入部分で突っ込みたくなりますが、ぐっと我慢しましょう。
そんな瑣末な事でこのマンガの評価は下がりません。

で、次のページに見開きで

野獣の肉体に天才の頭脳――
そして
神技(しんぎ)のメスを持つ男
その名は・・・
K!!

と、おおよそ初見で見たら医療漫画には見えない導入部分です。
まぁそれもこの漫画の味ですので、黙って受け入れましょう。

第1話は双子の兄弟のお話です。
分かりやすい不良の弟が病気の兄をボコります。
ヤキ入れが甘いという事で、頬に傷のあるヤツが変わりにボコりはじめて・・・
そこに偶然通りかかったKが鉄拳制裁でぶっとばします。(もうここで普通の医師ではありません。

そして兄を寺沢病院に運び入れて、今後のストーリーに大きく関わる事になる高品と知り合います。
高品もこの時はペーペーの新人医師でした。

そこで高品に事情を聞き、慢性腎不全の末期的な症状で余命一ヶ月以内と診断を下すK。

双子の弟がいる事を知ったKは独自に動き出します。
弟は根っからの不良ではなく、反省の色も見せては居ますが・・・

バイクで走行中に工事現場に突っ込み全身に火傷を負います。
そこに偶然通りがかったKが(弟を張り込みしてたんだろうけどw
ドラム缶を片付けたりして助けて

弟の反省の言葉と遺言のような決意を聞き

「お前のその想い・・・・確かに兄に伝えよう!!」と手術をする事を決めます。

寺沢病院に運び込んで、「このオペはオレがやる!」と言い張ります。
このワードは今後何度も使われる名言です。
当然、病院関係者や院長は非常識だと騒ぎ出しますが、院長を締め上げて
「たわごとを聞いてるヒマはない!」と言い張るK

普通だったらここで警察呼ばれてしまいますw
それはさておき、看護婦達も強引さに気圧されてか素直に従って手術室に運び込みます。

高品も助手に入り、いよいよ執刀です。

術式は 兄の腎臓全摘出!! ならびに弟右腎摘出及び移植術!!

これを聞いて右だけ?と疑問に思う高品だが、Kは両方助ける気でそう言ったのでした。

並行して弟の火傷患部の植皮術を行う!!

と言い張り、高品は無理だと思うのでしたが、麻酔すらいらんと言い、針麻酔を使い神速で手術を始めるのでした。

K一族のお家芸とも言える「裸眼での血管・神経の縫合」も初めて披露されますw

一時間以内に腎臓移植を終えて高品はレベルのあまりの違いさに次元が違うと確信します。

高品は、「この男はもしかしたら・・・・神か・・・・!?」とまで思います。

Kは10時間は掛かる手術を3時間足らずで終えて颯爽と手術室を出ます。

二人とも助かったのを確認してから高品に
「オレの名はKAZUYA・・・・どこの病院にも勤務していなければ誰に教わったものでもない」
と自分の技術を卑下するかのような口ぶりで意味深な事を言い、表の医学界に出て行く気も無ければ興味も無いと言い張り高品のもとを去ります。

手術の術式についてですが、通常の腎臓移植術におていは提供される腎臓は通常の位置とは全く違う場所に埋め込まれます。
移植される腎臓は、腹部の右下辺りを10数センチほど切開して骨盤の中(腸骨窩)に入れられます。
移植後の合併症を防ぐ為にも、その場所がベストとされています。
腹膜を傷付けないようにして腹腔の外(後腹膜)にスペースをつくり、そこに腎臓をおさめます。
腎臓には「動脈」「静脈」「尿管」の3本の管があり、それぞれを「内腸骨動脈」「外腸骨静脈」「膀胱」につなぎます 。

KAZUYAは摘出していましたが、通常、腎不全の腎臓は機能していませんので、細胞が死んでしまい、小さくなっています。
そのため、摘出する事はありませんが、患者の腎臓に重篤な疾患がある場合は移植後の感染症予防の為に摘出した方がベターといえます。

大人の腎臓を子供に移植する場合は、血管の太さが問題になる事が多いので、大動脈や大静脈に血管をつなぐ事もままあります。

今回のケースは一卵性双生児の生体腎移植なので、何の問題もなくスムーズに移植された腎臓が働きますが、死体から取った腎臓の場合は、やはりダメージがありますので、機能が回復するまでに時間が掛かる場合もあります。
尿が順調に出始めるまで数日〜数週間掛かる事も珍しくありません。
当然ながら、その間は患者は人工透析で凌ぎます。

現在は免疫機能の研究も進み、組織適合性が多少悪い場合でも強力な免疫抑制剤を使う事で、移植された腎臓を正常に生かす事が可能となっています。

組織適合性の決定因子は、血液中の赤血球の型(ABO型)と、HLA(human leukocyte antigen:ヒト白血球抗原)という抗原の型です。

組織適合性は親子、兄弟、親族間などでは似ている場合があるが、全くの他人では数千分の一という非常に低い確率でしか一致しないが、同一の民族間などでは他民族間よりは10倍ほど確率が高まり、数百分の一ほどと言われています。
顔や体付きだけでなく、体の中身も血が濃いほど似ているというのは当然と言えよう。

HLA型のうち、臓器移植で重要なのは、「HLA-A、HLA-B、HLA-DRの3種類」
それぞれの型について両親から1つずつを受け継ぎ各2つずつ持っているので計6つとなります。
この6つの型のうち、いくつが一致しているかというとらえ方で適合性を考えます。
この中でも拒絶反応に特に関係するのはHLA-DRであり、DRを一致させることが最重要とされています。

組織適合性の重要度は臓器によっても違っており、肝臓の場合は完全に一致しなくとも移植がうまく行く事が多い。
重度の肝不全患者の場合は、免疫機能が弱っている為に適合性はそれほど重視しなくとも良いという考えもあったりします。
しかし、心臓の場合は適合性が一致しないと明らかに移植手術の成功率が下がるという統計結果があります。

HLA-DRの適合度は移植の成功率に重要なものであるが、一致していても拒絶反応が起こったり、長期の生着率が悪いなどの症状が出る事がままあります。
それは調査の方法によるという事が明らかになっており、抗血清を使った検査方法の場合は21タイプの種類しか無いとされるが、遺伝子タイプで調べると60タイプもあります。

重要な項目であるにも関わらず、この体たらく・・・

検査方法にも先立つものが・・・という事であまり進んではませんでしたが、現在は改善されているようです。

HLA-DRは完全一致を条件とすると提供者が非常に限られてしまうので、非常に似通ってるという程度で選出するのが一般的でです。

HLA抗原系
A B C DR DQ DP
A1
A2
A203
A210
A3
A11
A23(9)
A24(9)
A2403
A25(10)
A26(10)
A29(19)
A30(19)
A31(19)
A32(19)
A33(19)
A34(10)
A36
A43
A66(10)
A68(28)
A69(28)
A74(19)
B7
B703
B8
B13
B14
B65(14)
B62(15)
B75(15)
B72(70)
B18
B27
B35
B37
B38(16)
B3901
B3902
B60(40)
B40
B4005
B41
B42
B44(12)
B45(12)
B46
B47
B48
B49(21)
B50(21)
B51(5)
B5102
B5103
B52(5)
B53
B54(22)
B55(22)
B56(22)
B57(17)
B58(17)
B7801


Cw1
Cw2
Cw3
Cw4
Cw5
Cw6
Cw7
Cw8


DR1
DR103
DR15(2)
DR16(2)
DR17(3)
DR18(3)
DR4
DR11(5)
DR12(5)
DR13(6)
DR14(6)
DR1403
DR1404
DR14(6)
DR7
DR8
DR9
DR10
DR52
DR53
DR51


DQ5(1)
DQ6(1)
DQ2
DQ7(3)
DQ8(3)
DQ9(3)
DQ4
DPw1
DPw2
DPw3
DPw4
DPw5
DPw6



※本表は1991年に開催された第11回国際HLAワークショップ直後にWHO命名委員会によって決定されたもの。血清法による分類。
posted by しりうすぅ at 18:16| Comment(0) | スーパードクターK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。